森のマケット(部分)を作ってみる

旧高尾小学校校舎の一室でのインスタレーション。手狭な場所で、独特の制約を感じるなかで、予めそこに置いてある冷蔵ケースや壁面に取り付けられた長押のような木材はそのままに、スケールの異なる2種類のオブジェを、場所の個性と関連づけて見えるように設置しました。

冷蔵ケースの蓋と、窓にはミラーテープを貼り、天候や時間帯によって絶えず変化する屋外の情報が、より繊細に干渉していくように見えます。

Show More

木の外側から森の内側まで

より個人的な理由で人が集まってくるカフェギャラリーでの展示は、特徴的な壁面に細いテグスで鎖状にしたオブジェと、幅の広い板を使用した床には自重で自立するオブジェ、天井から吊り下げるオブジェをそれぞれ設置し、店内のどの位置からでも、(気に留めても留めなくても)いずれかが視界に入るようにしました。

佐藤 健博

  • White Instagram Icon
  • White Twitter Icon
  • White Facebook Icon

© SATOW Takehiro All rights reserved.

木の外側から森の内側まで

2015年 7月 サイズ可変 異なる様々な木材を加工して油彩/製材と石を加工して油彩/麻紐/鉄製フック cafe & gallery etw(京都)