森のマケット(仮)を作ってみる

展示空間である共同アトリエ(元工場)に、「はめ込む」「立て掛ける」「吊るす」という三つのやり方で、それぞれ自立するオブジェを設置しました。「立て掛ける」と「吊るす」は直径5mmに満たない角材で繋がっていて、人が歩く振動などで僅かですが常に動いています。

Show More

佐藤 健博

  • White Instagram Icon
  • White Twitter Icon
  • White Facebook Icon

© SATOW Takehiro All rights reserved.

森のマケット(仮)を作ってみる

「はめ込む」階段下から 2017年  11月 サイズ可変 色々な木を加工して油彩、ミラーテープ アトリエ9(京都)